サッポロ 福原取締役インタビュー:7|そうそうたる企業の部長たちと、わたりあえるのか?

2015年度JMI部長のためのエグゼクティブマネジメントコース修了生である、
サッポロホールディングス株式会社 取締役人事部長 福原真弓様を訪問しました。
(以下敬称略 役職はインタビュー当時)

sapporo07

—–いろいろな経験をして部長職になり、役員の一歩手前で、「部長のためのエグゼクティブ・マネジメントコース(以下「部長コース」)を受けられたと思います。

なぜこのコースを選んだのでしょうか。

福原
人事にいましたから、社員を研修に派遣する仕事ばかりしていました。

次は「だれに行ってもらおう」と考えていたところ、ホールディングスの人事部長から、「いくつかあるプログラムの1つに福原さんも行ってもらう」といわれたのです。

人を派遣するだけでなく、「自らも参加してしっかり学んでくるべきである」という考えがあったでしょう。

—–受講してみていかがでしたか?
最初に他の受講生の方がたと顔を合わせたとき、どんな印象を持ちましたか?

福原
そうそうたる企業の部長さんが来ていましたから、自分が実験台になっているような感じがしましたね。

「私のような者でこういう人たちと渡り合えるのか?」とも思いました。

ついつい人事の癖で、同じ受講生でもそれぞれの人物像に目がいってしまいます。

理系出身の方が意外に多く、部長さんでも技術を売る仕事をしている人が思った以上に多かったように感じました。
だから、新鮮でもありましたね。

—–今まで会ったことがない方が多かったですか?

福原
それまでの自分では、全く接点を持てないような方が多かったですね。
私のキャリアでは、外へ出ても交流する人は営業や人事の方がほとんどでしたから、技術系の部長さんというのは自分にとっては異質な存在です。

仲良くやっていけるのか、不安もありました。最初は。

「技術で日本を!」などといわれても、私に何ができるのか、と疑問に思っていました。

でも、いろいろと話を聞いていくうちに、世代としても似ている方が多く、素直に自分のことを話せましたよ。

—–結構、語っておられましたよね(笑)。

福原
初めに自己紹介のプレゼンテーションをしましたよね?

かなり、自分をさらけ出した・・・。

最初だからできるのであって、途中からではとてもあそこまで言えません。

—–最初にご自身の価値観の源について語りますね。
その次は合宿です。
あの合宿で受講生のみなさんがまとまることが多いのですが?

福原
それはありましたね。

みなさん、とてもお忙しい人たちですから、合宿で日常から離れることが気持ちの切り替えになったのではないでしょうか。

ただ、グローバルに世界中を動いている方も多かったので、日本国内の合宿※では彼らにあまり関係ないのかなあ、という気もしました(笑)。

※2015年度コースの海外合宿(バングラデシュ・ダッカ)は、2015年10月3日にバングラデシュ北部で発生した日本人殺害事件の影響により途中中止となりました。

サブコンテンツ

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1955受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ