第8単位(12月度) クイックレポート

本単位は鹿児島にて3日間の国内合宿を行いました。

12月10日(木)

■問題提起
早稲田大学 教授 淺羽 茂 氏

経営者は何を考えて企業の舵取りをしているのかに触れ、自社の強みを生かし戦略を構想し方向性を打ち出す。また、経営者にはいろんなタイプが存在することなど、これまでわかっているつもりでいたことが実はわかっていなかったということを認識し、そのうえでこれから何をすべきかを考えて欲しい、との投げかけがありました。

■ケース討議
「富士フイルム」
早稲田大学 教授 淺羽 茂 氏

富士フイルムの強みとはなにか、競争構造を理解するとともに、富士フイルムが復活できた理由やその成功要因の分析、施策等および経営者のリーダーシップについて、全体で議論しました。

■全体討議
「事前課題に基づく討議 (経営者インタビュー)」
早稲田大学 教授 淺羽 茂 氏


事前課題で取り組んできた「経営者インタビュー」ではどのような発見があり、それを通して何を得ることができたかについて、全員で共有しあい、それを基に議論しました。

<~12月11日(金)>

■任意懇親会

夜は淺羽先生にも同席いただき任意懇親会を開催しました。

12月11日(金)

■まとめ討議
早稲田大学 教授 淺羽 茂 氏

経営者は、責任の重さがあり孤独である。自身の考えや思いをどのように伝えれば伝わるのか、また、どのような姿勢でのぞみ人間的魅力を磨くかなど、この2日間での気づきから、今日から取り組めることを各自で考え、全体でも共有しました。

12月12日(土))

■施設見学
「尚古集成館&仙巌園」


明治維新の原動力のひとつでもある薩摩藩。藩主島津斉彬氏が築いた機械工場「尚古集成館」と島津家ゆかりの「仙巌園」を訪問し、近代日本をリードした薩摩の文化・歴史を学びました。

■講演&施設訪問
「幕末の薩摩のリーダーたちの深慮に触れる」
鹿児島市維新ふるさと館 特別顧問 福田 賢治 氏

薩摩藩主島津斉彬氏をはじめ西郷隆盛氏等、幕末に活躍した薩摩のリーダーたちの人物像や、人材の発掘や育成について話を伺うとともに意見交換を行いました。

■共同テーマ研究

いよいよ次回は最終報告会となるため、各チーム、今一度テーマを明確にしたうえで議論のまとめに入りました。ラストスパートをかけるべく、年末年始の間も別途参集する日程を調整しているチームもありました。

<12月11日(金)12日(土)>

派遣責任者のみなさまには、改めて「研修報告書」をお送りいたします。
JMI部長のためのエグゼクティブ・マネジメントコースクイックレポートをお読みいただき、ありがとうございました。
サブコンテンツ

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1955受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ