第2単位(7月度) クイックレポート

本単位は仙台・石巻にて3日間の国内合宿を行いました。

7月2日(木)<仙台>

■講義
「経営者に求められる倫理観」
慶應義塾大学 准教授 梅津 光弘氏

企業倫理とは何か。組織で不祥事が起きてしまう根本的な原因が何かを理解し、経営者としてどうすればリスクを抑えることができるかについてお話いただきました。

■グループ&全体討議
「倫理観を問われる3ケース」


実在した3つのケースについて討議し、時としてコンプライアンスと企業倫理が相容れない非常に悩ましい事例に対し自分ならどう判断するかを話し合いました。

■グループ討議
「自社ケース発表と討議」


事前課題として受講者自身が作成いただきました「自社ケース」について、各自発表していただき、その後、グループ単位で討議しました。

グループ単位での討議を踏まえ、特に判断が悩ましかったケースをベストケースとして取り上げ、全体で討議しました。企業毎、個人毎に全く異なる判断が下されることを実感しました。討議を振り返り、“倫理”という重たいテーマを企業内で浸透させるためのポイントについて、梅津先生にお話いただきました。

梅津先生を囲んで集合写真を撮りました。

■任意懇親会

任意懇親会を開催し、親睦を深めました。

7月3日(金)<石巻>

■ゲスト講演
「企業としての決断 ~私たちが大切にしていること~」
①イオンの理念と過去の震災での対応例
イオン株式会社 顧問 イオン東北代表/イオンモール株式会社 取締役会長
村上 教行氏

イオンの基本理念・社是をはじめ過去2度の震災(阪神・淡路大地震、新潟県中越地震)での対応について、村上氏ご自身が実際に体験されたことを交えてお話いただきました。

②東日本大震災 あの時イオンモール石巻はどう対応したか
イオンモール株式会社/イオンレイクタウンmori ゼネラルマネージャー
秀方 純氏

3.11東日本大震災時、イオン石巻ショッピングセンターモールマネージャーであった秀方氏より、震災直後の被害状況をはじめ、お客さま対応に、ショッピングセンターに避難者受入れを決断されたときの心境、そして、営業再開に向けた取り組み、地域貢献・復興支援活動などご自身が経験されたことをお話いただきました。

■石巻市内視察
石巻グランドホテル/株式会社ソーワダイレクト 代表取締役社長 後藤 宗徳氏

経営者講演でご登壇いただく後藤氏より、ガイドをしていただき3.11東日本大震災時の様子、復興状況についてお話いただきました。


日和山より旧北上川河口付近、海岸線を一望し、大津波に遭われた地域の現状を伺えました。


イオン石巻ショッピングセンターを訪問し、3.11東日本大震災時、避難者を受け入れたフロア、当時の様子などを伺いました。

■経営者講演
「経営者としての決断 ~私たちの未来のために~」
石巻グランドホテル/株式会社ソーワダイレクト 代表取締役社長 後藤 宗徳氏

3.11東日本大震災時、後藤氏が実際に体験されたこと、震災当日どのような対応をとり、また、震災後の経営について、どのように決断したのかお話をいただくとともに、災害を乗り越えるために求められる人間力についてもお話をいただきました。

■懇親会


講演終了後、後藤氏を囲んで集合写真を撮り、後藤氏にも同席いただき懇親会を開催しました。

7月4日(土)<石巻>

■共同テーマ研究


第1単位でのチーム議論を振り返りつつ、各自が調べてきた資料を共有するなど、拡散と収束を繰り返しながらも一歩ずつテーマの核心に近づく議論を行いました。

派遣責任者のみなさまには、改めて「研修報告書」をお送りいたします。
JMI部長のためのエグゼクティブ・マネジメントコースクイックレポートをお読みいただき、ありがとうございました。
サブコンテンツ

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1955受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ